キャンプ場

【五十沢キャンプ場】夏休みは川遊びとカブトムシ探しで自然を学ぶ

こんにちは。

毎年恒例!!!
8月のお盆休みに家族でお世話になっている五十沢キャンプ場です。

川遊びや昆虫採集など、自然の中で子供が遊びながら学べて楽しめる家族にも大好評」のキャンプ場ですのでぜひ紹介させていただきます。

 

キャンプ場の写真をたくさんUPしました。サイトを迷われている方にも必見です。

 

ルート案内 ※ナビの案内に注意

関越自動車道六日町ICから車で約15分

六日町インターを出てすぐにイオン六日町店100円ショップがあるのでキャンプ前の買い出しに便利です。

 

五十沢キャンプ場へは道路看板に”五十沢キャンプ場”の表示がありますので安心して運転できます。ただ1点、ナビをお使いの方は種類によって途中細い道に案内してしまう箇所があるので注意してください。看板表示に従っていけば問題ありません。

ここでは六日町ICからのルートをご紹介します。

IC出口から左折すると国道17号に出る交差点があります。左折して次に1つ目の信号を右折します。

しばらく直進して、看板通りに右折します。

 

次のT字路を左折後に注意が必要です。

※ナビだとこのT字路を右折と案内してしまうかもしれません。このルートでもキャンプ場へ行けるのですが、かなり道が狭くすれ違いも難しくなります。看板通りに直進しましょう

あとは看板の表示通りに進んでいくのみです。

山道に入り川沿いを進んでいくと、とんがり屋根の建物が見えてきます。五十沢キャンプ場に到着です!

営業期間と予約について

【営業期間】

4月下旬から11月下旬

【受付時間】

午前9時から午後5時

▶オートキャンプ
チェックイン  午後1時
チェックアウト 午前11時

▶コテージ
チェックイン  午後1時
チェックアウト 午前10時

 

シャワー  〇 ※24時間利用可能
ランドリー  〇
ゴミ出し  〇
ペット  〇
直火  ×

 

毎年4月1日から予約開始です。 TEL:025-774-2142

スミレくん smile
スミレくん smile
予約だけして安心してはダメ!サイトマップにある”〇番サイトを予約します” って連絡しないと当日たいへんだから。
予約について

キャンプ場の予約は電話もしくはWEBよりできます。

4月1日の朝から電話がなかなかつながらない状態になります。お話しした通り日にちとサイトまで予約しましょう!サイト予約を忘れてしまうと、キャンプ当日の受付後に、空きサイトを自分で探さないといけなくなります。平日や空いている時期なら問題ありませんが、連休などは空きサイトを探すのにキャンプ場を歩きまわることになるのでサイト探しだけで疲れてしまします。オートサイトだけで約70サイトありますから、これが意外とたいへんな作業です。事前準備をしっかりとして予定した楽しいキャンプを過ごしましょう!

予約サイトの確認方法:各サイトにある木の幹にサイト番号と予約名の札がかかっています。

各サイト 利用料金一覧

 

基本料金
入場料 中学生以上  300円
小学生以下  200円
オートキャンプ
一般サイト 1泊2日  5,100円/日
日帰り  3,500円/日

※支払いは現金のみ

大人2人 子供2人 オートサイト2泊3日利用の場合

入場料(初日のみ)1,000円+サイト料10,200円

合計 11,200円

 

フリーサイト
一般サイト 1泊2日  1,000円/日
コテージA.B.C
宿泊2人  9,200円/棟
宿泊3人 10,500円/棟
宿泊4人 12,000円/棟
コテージC.D.E ※バスタブ付き
宿泊2人 10,200円/棟
宿泊3人 13,800円/棟
宿泊4人 16,400円/棟
温水シャワー 6分  300円
コインランドリー 1回  300円
ニジマス釣り 1回 1,500円
ニジマスつかみ取り 1匹  400円~

 

オートキャンプ

 

出典:五十沢キャンプ場(パンフレット)

 

サイトマップの詳細 ※色分けを参考にしてください。

黄 色   ゆったりワイドなサイト
ピンク   コンパクトなサイト
パープル  プライバシー重視の方におすすめ
ブルー   キャンピングカーサイズのサイト
グリーン  比較的静かな林間サイト
オレンジ  遊泳エリアの近いサイト
⌂マーク  AC電源が使えるサイト

 

オートサイトの詳細

さて、ここからはキャンプに重要なサイト選びのお手伝いです。とはいってもサイトが多すぎてどこがいいサイトなのかわからないですよね…

なので、たくさん写真をUPしてみました。

人気サイトは1・2・35番の遊具付近や炊事棟の近く、12・13番の電源サイトで予約もすぐうまります。あと、22・23番の遊泳エリア近くもいいですね。

まずは写真でサイトの雰囲気を見てみましょう♪

 

1番から7番サイトは比較的広めのサイトで設営しやすいです。
1番サイト
3番サイト
6番サイト
8番サイト

 

10から14番はグループキャンプやSUVなど大きい車の方向けサイトです。
11番サイト
14番サイト

 

22番から27番は五十沢川の近く、”川のせせらぎ”で癒されます。
22番サイト
23番サイト
26番サイト

 

33番34番付近は炊事棟が近く便利です。サイトにかかる木が気になります。
33番サイト

 

35番サイトはアスレチックのすぐ隣です。遊具付近だと子供が遊んでいても目を離さずにすむので安心できます。
35番サイト

 

38番付近は炊事棟から近く便利ですが、人通りが多いです。
38番サイト
40番サイト

 

42番から45番は少し奥まったところにあり広さも十分あります。周りからの視線も遮られのんびり過ごせそうです。また、2サイトをグルキャンで予約するキャンパーも多いです。
41番サイト
44番サイト
45番サイト

 

47番サイトはオートサイトのちょうど真ん中あたり、ここから奥は雰囲気も少しかわってきます。サイトによって広さの大小があるので慎重に選びましょう。また、大きな木がサイトにかかっているのでロープやペグダウンも工夫しないとですね。
47番サイト
55番サイト
63番サイト

 

スミレくん smile
スミレくん smile
あまり教えたくないんだけど…65番の川側にある木の裏はカブトムシがたくさん来るよ。朝早く覗いてみよう♪
67番サイト

 

71番72番は比較的広いサイトです。すぐ隣につかみ取りの池があり水の流れる音が気になるかもしれません。
71番サイト
72番サイト

《過去に利用したことのあるサイト》

  • 7番サイト

比較的広めだけど隣サイトとは近く感じる。縦長のサイトのため、車のサイズにもよるけど入口をふさぐように縦列駐車しないといけないかもしれません。

 

  • 10番サイト・・おすすめ

休憩所(簡易テントみたい)が隣にあり、実質1.5サイト分の広さを使えます。AC電源も有

 

  • 59番サイト

入口が狭く丸いサイト。車の置き場所と周りに木が多くロープの配置に困りました。

スミレくん smile
スミレくん smile
14番サイトに泊まりたくて毎年4月1日に予約しているけど、1回も予約を取れていないんだよね。来年こそは!!!

炊事棟

オートサイト内には管理棟炊事棟炊事場の3ヵ所に設置してあります。

キャンプ場は炊事場の使い勝手が重要です。ここ五十沢キャンプ場ではどのサイトでも10m以内の箇所に炊事場があるのでとても便利です。また、流し場の数も多くほとんど並ぶこともなく使用できます。

炊事棟

管理棟1F炊事場

オートサイト中央炊事場

 

お手洗い

コテージ前トイレ

管理棟前トイレ
管理棟内トイレ

シャワー/コインランドリー

温水シャワー施設は管理棟1Fセントラルロッヂ1F、コインランドリーはセントラルロッヂ1Fにあります。※24時間利用可能

【温水シャワー】   6分300円 ※100円玉のみ(両替機なし)

【コインランドリー】 1回300円

セントラルロッヂ1Fシャワールーム
管理棟内シャワールーム

フリーキャンプ

2019年8月にフリーサイトへ5泊してきました。(後半はさすがに疲労が…笑)

宿泊者がおすすめするフリーサイトのいいところ

  • 1泊1,000円の料金設
  • 区画がなくスペースいっぱいのテント設営
  • 五十沢川が近い
  • 開放感たっぷりでのんびりできる       などなど。

低料金のわりに炊事場やお手洗いもありますのでキャンプを楽しむには最高です。ただし車の乗り入れができないので、荷物の積み下ろしは設営場所までをカートで運ばないといけません

※サイト入口(セントラルロッヂのトイレ前)にあるリヤカーを無料で利用できます

フリーサイト

つり橋を渡った先は一面フリーサイト、広大な土地のどこでテント設営してもOKです。お気に入りの場所を探しましょう。

フリーサイトへ行くつり橋
おすすめはつり橋からすぐのサイト!丸い区画になっていて2・3組のスペースです。広々使えて中央でキャンプファイヤーもできます。
つり橋からすぐ左のサイト
中央付近
中央の遊歩道
フリーサイトの奥にあるグラウンドはかなり広く平坦なので初心者にも安心して設営できる場所です。
スミレくん smile
スミレくん smile
グラウンドは学校行事や自然体験村という団体で使用しているときがあって使えない時もあるよ。ちなみに自然体験村は小中学生が12泊もするんだって!すごいよね。
サイト奥のグラウンド
入口近くの設営風景♪
フリーサイト側からみた五十沢川

 

フリーサイトはオートサイトより虫が多かったです。アブや蚊にさされないように長袖がおすすめです。

 

 

炊事場

フリーサイトは炊事棟と洗い場が3ヵ所あります。

グラウンド前 炊事棟
入口正面 洗い場

広いフリーサイトの中に洗い場が3ヵ所もあります。

洗い場には街灯がないため、暗くなってからはハンディライトが必要です。

 

お手洗い

なんとフリーサイトも和洋式・ウォッシュレット付きです!

フリーサイトにはシャワー設備がありません。つり橋入口にあるセントラルロッヂ1Fの温水シャワーが1番近いのでご利用ください。

コテージ 6棟(バリアフリー有り)

身体にやさしいいい香りの杉材を使用したコテージが6棟あります。オートサイトが見渡せる小高い丘の上に3棟(1棟はバリアフリー)、管理棟らの五十沢川を見下ろせる場所に3棟(バスタブ付き)あります。

 

コテージA.B.C ※B棟はバリアフリー

1泊、2人利用 9,200円~

【主な設備】
テレビ、エアコン、シャワー、シンク、冷蔵庫、電磁調理器、食器、寝具

コテージA.B.C

1泊、2人利用 10,200円~

【設備】
テレビ、エアコン、シャワー、バスタブ、シンク、冷蔵庫、電磁調理器、食器、寝具

バンガロー(トレーラーハウス)

管理棟裏のコテージスペースにミニバンガローが2台設置してあります。

エアコン付きなので夏のシーズンでも気持ちよく寝ることができます。

 宿泊(最大5名まで)
基本料金  5,200円
大人    500円
子供    400円

【設備】
外灯1箇所、室内灯1箇所、ベッドライト2箇所 、AC電源1箇所、エアコン

 

大人2人、子供2人 2泊3日利用の場合

基本料金5,200円+宿泊料3,600円

合計 8,800円

バンガローは宿泊機能のみです。駐車スペースもありますが、テント・タープを設営するといっぱいになるので車は大駐車場を利用したほうがいいです。
スミレくん smile
スミレくん smile
赤ちゃんやまだテントには早いお子さんがいる家族でもテント組とキャビン組に分かれて泊まるのも楽しくていいね!

おすすめ自然体験コーナー&遊具

ニジマス 釣り堀/つかみ取り

ニジマス放流!!!これがまた楽しいんです。素早いニジマスを一生懸命に追いかける姿は見てて楽しいですね。子供も大人も大はしゃぎです。

釣り初心者でも大丈夫です!澄んだ川で泳ぐニジマスへ向けて釣り竿を投げる!これがまた難しい!?

スミレくん smile
スミレくん smile
釣ったニジマスはそのまま炭焼きにして食べれるよ。自分で捕った魚の味はバツグン!

夏はやっぱり川遊び

五十沢キャンプ場の楽しみはやっぱり川遊びですね。

【川遊び必需品】

  1. 濡れてもいい服  ・・・あれば長袖のラッシュガード&スパッツ
  2.    ・・・河原は砂利や大きな岩があるため
  3. 浮き輪 ・・・泳ぐなら浮き輪&ゴーグル
  4. 虫よけ ・・・アブがたくさん飛んでいます

 

子供だけでの遊泳は絶対に禁止です。少しでも危ないかなと思ったときは川へ入らないでスタッフの指示を仰ぎましょう。前日の雨で川の水量が多いときや流れが速いときもあります。また、川の水深が2mm以上のところもあります。無理をせずルールを守って楽しく遊びましょう。

 

夏休みのイベントではニジマスの稚魚を放流するイベントもあります。※日にち未定

スミレくん smile
スミレくん smile
みんなそーっと稚魚を捕まえて放流!真剣なまなざしがいいね。

 

川で遊ぶのにはまだ早いお子様にはオートサイトにある池で遊ぶのもおすすめです。ひざ下くらいの水の量で流れもほぼないですので安心して遊べます。

オートサイト中央にある池

カブトムシ&クワガタ探し

キャンプ場内の木にはクワガタやカブトムシなどの昆虫がたくさんいます。

夜や朝方には、えさを探しに木に集まってきます。毎年同じ木に集まる習性があるからどの木が好きか早起きして探してみよう。また、昆虫トラップを作るも楽しくて勉強にもなります。

7月末から8月上旬はカブトムシやクワガタがたくさんいます!ペットボトルに穴をあけて入口を作って中に昆虫ゼリーを入れて木にぶら下げておくと朝にはペットボトルがカブトムシで満杯になります。←本当です。

おすすめのえさは、かき氷のシロップ(グレープ)の原液です。

遊具

オートサイト入口には大きなアスレチックの遊具があります。

管理棟にも近く小さいお子様も安心して遊べます。遊具近くのサイトを予約すればキャンプしながら子供を見守ることもできますね!

キャンプ場施設について

管理棟

キャンプ場入口にある大きなとんがり屋根が目印の建物が管理棟(受付)です。

到着したら管理棟前の駐車場に止めて受付をしましょう。

管理棟

夏休みのシーズンには特設売店が設けられ、八色すいかが特売になります。なんと1玉500円~、スイカのシャーベットなどもあります。また、管理棟内には売店があり軽食・ドリンクも販売しています。氷の自動販売機もあって便利です。

管理棟前 特設売店
管理棟裏 足洗い場
スミレくん smile
スミレくん smile
川遊びのあとに足が洗えたり水浴びできる場所があったり、ちょっとした気遣いのある設備がうれしいね。

ゴミステーション

キャンプ場のゴミ捨て場は管理棟前のこの1ヵ所です。

受付時に3枚ゴミ袋がもらえるのできちんと分別して捨てましょう。

  • びん
  • かん
  • 燃えるゴミ(紙・ペットボトル・生ごみ・プラスチックなど)
場内への炭・薪などの燃え残りの放置は厳禁!冷めていれば燃えるゴミ、熱ければペール缶へ捨てましょう。

五十沢キャンプ場|まとめ

おすすめ度

夏しかわからないけど…

経験より、まるで子どもに戻ったかのように目を輝かせて自然と戯れる大人たちばかり。それがいかきゃんの魅力です。

新潟県の川遊びができるファミリーキャンプ場で、キャンプサイト・コテージなど施設も充実、山や川など都会では味わうことのできない自然体験ができる場所です。特に7月末から8月にかけての昆虫採集はいい経験になると思います。ぜひ1度遊びに来てみてはいかがでしょうか。

子供たちは五十沢キャンプ場で出会った友達に1年ぶりに再会して喜んでいます。そんな思い出ができるのもキャンプの魅力ですね。来年もまた会えるかなあと今から楽しみにしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

五十沢キャンプ場
〒949-6754新潟県南魚沼市永松941
TEL:025-774-2142

予約/空き状況は電話もしくは公式HPよりご確認ください。

青山ラウンジ

“ラウンジ行ってくるね”

ちょっと休憩。

1杯のコーヒーで癒され、笑顔になれる。

おもてなしの空間を創っていきたい。そんな想いから青山ラウンジは始まっています。

~くつろぎのひと時を~

 

この記事が気になったらシェアしよう!

インスタグラムでは青山ラウンジの日常を投稿しています。

 

 キャンプブログに挑戦中!

いいね!と思ったらこちらから 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ