キャンプ道具

ランドステーション2又化で2ルームテントに早変わり!

こんにちは。

今回は、人気のスノーピーク「ランドステーション」のカスタムを紹介します。

きっと大活躍するランステ2又化です!

キャンプのバリエーションが増えて楽しさ倍増です!

みんな同じようなテントばかりだし”オシャレなテントがいい“ “目立ちたいなあ“とか他のキャンパーとは少し違ったスタイルを目指しているかたには必見です。

参考までに、ランドステーションはサイズが大きいですが1人で設営できますよ(^^)/

ランドステーションとは

折り紙のような面白さのある特殊構造タープです。各パネルを広げるとオープンタープへ早変わりします!

出典:スノーピーク

遮蔽空間と開放空間を同時に作り出すセッティング

 

出典:スノーピーク

四方から出入りを可能にする実使用向けパターン

 

出典:スノーピーク

風通しもよく出入りしやすいパターン

 

出典:スノーピーク

オープンタープ並みの開放感あるパターン

 

出典:スノーピーク

開放感ある室内

スミレくん
スミレくん
これ以外にもOPのウイングポールを使っていろんな仕様にできるよ。

次世代タープ!こんなにも面白いタープは他にはありません。折り紙のように変幻自在にセッティングでき永遠にあきません。

高さは210cm、横幅885cm、奥行き510cmでフルオープンにすると8名、クローズで6名使用できます。

種類は
ランドステーション、ランドステーションLセット、ランドステーションLアイボリーの3タイプです。

ランステ2又仕様とは

ランドステーションは2本のメインポールで設営する「タープ」です。幅885cmと広々使えるのでそれだけでも十分なのですが、インナーにテントを設営しようと思うとどうしてもポールが邪魔してしまうんです。

そこでインナーテントのスペースを作るために、メインポールを二又にして空いたスペースにテントを入れてしまえばいいんです!

あれこれ考えてもたいへんなので、ここで一気に必要部品をお伝えします。

これだけ用意すればランステ二又化にできます!

ランドステーション L TP-820 1個  ※Lセットの場合ポール付属なので要確認
ウイングポール 280cm TP-001 1個
             210cm TP-003 3個
             180cm TP-004 1個
             140cm TP-140 1個
メインポール2又 ヤフオクで購入(スノーピーク 2マタで検索してみてください)

 

 

 

具体的には

ランステの標準メインポールは(210cm×2本)で設営します。
この210cmにあわせて二又ポールをセットするには…ウィングポールを

メイン
210cm(70cm×3本)
270cm(70cm×3本+60cm×1本)2セット+2又
サブ
210cm(70cm×3本) フロント
140cm(70cm×2本) リア

※サブポールはタープのパターンによってお好みサイズで!

※60cmポール3本のうち一番上は使用しません。下2本をそれぞれ70cmと交互にセットして使用します

(例)メインポール2又からの順番
2又 
上から70cm→70cm→70cm→60cmと、
上から70cm→70cm→60cm→70cmの2本

考えに考えた結果、この二又仕様が一番ポールを少なく(セット購入するのに)予算を抑えてできます。ウイングポールの数があまりにも多くなってしまうので..もし他の仕様もできたらぜひ教えてください。

ポールのサイズは2又部分をいれると若干誤差があります。設営する場合は各自調整してください。

 

あとはインナーテントですね。

もし同じくスノーピークであわせるならおすすめはアメニティードームMがジャストサイズです。SでももちろんOKです。※Lは入りません。

アメニティドームはインナーテント単体での販売はありません。

強風対策も忘れずに

ランドステーションの2又化を説明してきましたが、タープを安全に使用するためにメインポールの補強(風対策)をしてもらいたいです。せっかくのランステが風で破れたりポール破損してしまっては意味がありません。

二又仕様の場合、もともと2本のメインポールとロープをペグダウンすることによって風にも耐える構造になっていますが、そのうち1本を2又にしてしまうと上から下にかかる力が分散されて強度が弱くなってしまいます。

そこで何かいいものがないかとググって探したところ、ホームセンターで良さそうなものを発見しました。

角度フリーのイレクターです!

今回補強で使用したものは

ヤザキの角度フリージョイントHJ-7)とイレクターパイプ300mm(H-300)をスノーピーク純正ポールにセットしただけ!

なんか強度しっかりしてそうじゃないですか??横への広がりを抑えてくれそうですよね。

実はこれだけでもいいのですが、地面に設置するポールが斜めにどんどん押されていくんです。土の上だとすべって横に広がってしまって最悪ポールが歪んだり折れてしまうことも…

なので応急的にポール下にペグダウン!!!

 

これで強度もOK!

 

2又仕様でランドステーションを使用することは、メーカーでは推奨していません。安全に利用するためにメーカーの標準仕様でお使いいただくことをおすすめします。万が一天候や設営強度等によっての事故等は責任を負うことはできません。あくまで自己判断のもと設営いただけますようご理解をお願いいたします。

ランステ使用イメージ画像集

 

 

 

 

 

 

 

まとめ|ランステ2又化

おすすめです!

ランドステーションを使っているかたは、おそらく就寝用で隣にテントを設営しているのではないでしょうか。

ランステを2又にしてインナーテントを入れてフルクローズにしてしまえば、完全な2ルームテントです。ランステのパターンの多さも◎で、雨や風の強い日でもまったく問題ありません

ただ、ランステはスカートがなくフルクローズにしても下に5cmほど隙間ができますので雪中キャンプで薪ストーブなどをお考えの方はポールのサイズなどを変更して地面すれすれに設営できるように考えないといけません。

寒い時期にカセットガスストーブを使用していましたが、フルクローズにしてけっこう暖かくなりました。

 

こんなオシャレにテントを張っていたら他のキャンパーの注目間違いなしです。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

青山ラウンジ

“ラウンジ行ってくるね”

ちょっと休憩。

1杯のコーヒーで癒され、笑顔になれる。

おもてなしの空間を創っていきたい。そんな想いから青山ラウンジは始まっています。

~くつろぎのひと時を~

 

この記事が気になったらシェアしよう!

インスタグラムでは青山ラウンジの日常を投稿しています。

 

 キャンプブログに挑戦中!

いいね!と思ったらこちらから 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ