三条市

【スノーピークHeadquarters】HQのすべて~新設サイト~

こんにちは。

さて、前回はスノーピークの旧エリアをご紹介しました。

ご覧いただけましたか。”やっぱスノーピークだよな~“って思いません??

今回は、そのスノーピークが2016年10月より新設されたエリアを紹介していきます。

あの、あの住箱がありますよー!!!!!

さっそく見ていきましょう!

キャンプフィールドについて

【営業期間】

通年営業 水曜定休※GW、お盆、お正月期間は営業

【受付時間】

午前9時から午後7時

▶チェックイン    9時~
▶チェックアウト ~12時

※電源区画サイト・住箱はチェックインの時間が異なりますのでご注意くだい

【予約について】

電話もしくはインターネットから予約

利用月の3ヶ月前の1日から予約可能
(例:8月13日から1泊2日で利用する場合、3ヶ月前の5月1日より予約可能)

 

シャワー 〇 24時間利用可能
ランドリー 〇 24時間利用可能※乾燥機はなし
ゴミ出し
ペット
直火 ×
花火 ×
ドローン ×

 

サイトご利用料金

▶フリーサイトG~H (電源なし)

サイト料0円+ご利用料金×人数

▶AC電源区画オートサイト

サイト料3,000円+ご利用料金×人数

宿泊 1泊
大人(中学生以上) 1,650円
小学生 550円
小学生未満 無料
デイキャンプ
大人(中学生以上) 550円
小学生 330円
小学生未満 無料

(税込価格)

※住箱ご利用料金は下記詳細まで

フィールドマップ

新設サイト

Gサイト

混雑時にはおすすめ!

スノーピーク通ならGサイトを選ぶかも

フリーサイトのA~Fにキャンパーは集中するので、混雑時には落ち着いてゆっくりキャンプができるかもしれません。ただ、サニタリー棟からは遠いです。上級者向けでしょうか。

 

 

Hサイト

すべて近くて便利なサイト

サイトのスペースはそれほど大きくはないですが、サニタリー/シャワー棟やゴミステーションも近くファミリー向けでしょうか。ただ、遊び場はありません。HQストアからは少し離れています。

 

AC電源オートサイト

定員10組

※サイト内にお車を停めることがことができます。

電源サイトは12m×12mの区画、①~⑩までどの区画でもほぼ同じです。

AC電源は最大1500Wまで対応

 

モバイルハウス住箱 -JYUBAKO-

「テントを持たずに、キャンプ場へ」

 

【住箱利用料金】 定員:最大4名

1~2名様:11,000円+ご利用料金×人数

3~4名様:16,500円+ご利用料金×人数

チェックイン   12時~
チェックアウト ~10時

【室内備品】

マットレス・寝袋 LEDランタン 室内用テーブル
室内用チェア×2 湯沸かし器具 ケトル
シェラカップ LED照明 ほおずき(野外使用可能)
スリッパ 歯ブラシ エアコン完備

※3~4名様で住箱1部屋をご使用の場合 敷きマット・寝袋をご人数分追加

 

  • 室内での調理は禁止
  • 室内に設置しているイス・テーブルは野外持ち出し禁止
  • 室内へペットの入場はできません
  • 室内は禁煙
  • コンセントは充電専用

 

モバイルハウスの全面に約6m×10mの野外スペースがあります。

調理をする場合は野外のみ道具を持参する必要があります。

 

【スノーピークHeadquarters】HQのすべて~現行サイト~こんにちは。 今回は、僕のホームキャンプ場でもある三条市は「スノーピークHQ」の紹介です。 全国展開するアウトドアブランドで...

サニタリー/シャワー棟

 

 

ゴミステーション

 

 

まとめ|HQのすべて ~新設サイト~

おすすめ度

HQでレベルアップ
  • あえて離れのサイトへ
  • AC電源でキャンプスタイル変更
  • グランピング!?「住箱」

旧エリアとちがって新設エリアは新鮮ですね。スノーピークといったら広大な敷地で思いっきりアウトドアというイメージですが、あえて何もないGサイトでのんびりと過ごしたり

AC電源サイトならいろんなことにチャレンジ!プロジェクターで映画でも!?

モバイル住箱はもうグランピングですね。キャンプもホテル並みに快適に過ごせてもいいですよね。贅沢のアウトドアも魅力的です。

 

さて、前回の現行サイトの記事からここまで新設サイトを紹介してきましたが、やはりスノーピークですよね。

キャンパーなら1度は来てみたくなるキャンプの聖地、すべてにおいて充実して満足できます。

 

“箕面、奥日田、十勝ポロシリ、おち仁淀川、川の駅おち、土佐清水、行ってみたいですね~”

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

青山ラウンジ

“ラウンジ行ってくるね”

ちょっと休憩。

1杯のコーヒーで癒され、笑顔になれる。

おもてなしの空間を創っていきたい。そんな想いから青山ラウンジは始まっています。

~くつろぎのひと時を~

青山ラウンジのコーヒーは下記バナーをクリック!送料無料でお買い求めいただけます。

ヤフオク! 2020年6月度 出品マスター シルバー

 

この記事が気になったらシェアしよう!

インスタグラムでは青山ラウンジの日常を投稿しています。